Copyright © 2024 Discover Ukraine LLC.

情報

アテネの地下鉄は、世界で最も古い地下鉄の 1 つです。 最初の路線は、ロンドン地下鉄が開通してからわずか 6 年後の 1869 年に開業しました。 元の形式では、地下鉄との共通点はほとんどなく、普通の蒸気機関車が走行する地上線でした。 地下鉄の正式な地位は、電化とオモニア広場とティシオ地区を結ぶトンネルの出現後の 1904 年に認められました。 長い間、1 号線がアテネ地下鉄の唯一の路線であり、2000 年になって初めて、特にオリンピックのために、新しい 2 号線と 3 号線が開通しました。
現在、アテネの地下鉄は最も速くて便利な公共交通機関です。 地下鉄を利用すると、ピレウスのクルーズ港 (ピレウス)、アテネ国際空港「エレフテリオス ヴェニゼロス」、主要鉄道駅 (ラリッサ駅) にアクセスできます。 Doukissis Plakentias 駅と Larissa 駅で、プロアスティアコス郊外電車に乗り換えて、コリント、キャトン、リゾート地のハルキスに行くことができます。 4 号線の建設は 2017 年に始まり、2025 年までに開通する予定です。この路線は歴史地区グウディとアテネ ガラツィの北郊外を結びます。
アテネ地下鉄はアティコ地下鉄によって運営されており、アテネ市内の公共交通システムの一部です。 このおかげで、アテネの地下鉄のチケットはトロリーバス、トラム、バスに有効です。 アテネの地下鉄チケットの料金は 1.40 ユーロ、エレフテリオス ヴェニゼロス空港往復のチケットは 10 ユーロです。 アテネの地下鉄には改札口がありません。 代わりに券売機が設置されています。 チケットは有効であることが確認され、旅行が終了するまで保管する必要があるためです。 コントローラーはチケットを頻繁にチェックします。 アテネの公共交通機関でチケットレスで移動した場合の罰金は 60 ユーロです。
アテネのいくつかの地下鉄駅には、本物の博物館が併設されています。 地下トンネルの建設中に発見されたさまざまな古代遺物で装飾されています。 壁に埋め込まれたガラスのショーケースには、古代の食器や宝石、何世紀も前の彫刻、その他の考古学的発見物が展示されています。 アテネのすべての地下鉄駅には、障害者用の特別な線路とプラットフォームが設置されています。 飲食物を持ち込んだ場合、アテネ地下鉄への入場は禁止されています。

路線

赤、緑、青という3本の路線があります。アテネの地下鉄は、市の中心や、、空港まで広くカバーしています。多くの駅では地下鉄の建設中に発見された古代遺物の小さな展示会が行われています。合計65駅があります。すべての線の長さは84.5キロです。営業時間:5:30から00:30までです。金曜日と土曜日、2番線と3番線は2:30まで運行されています。

料金

一回使い切りの切符は€ 1.40です。利用開始から90分の有効時間(が決まっていますので注意してください。他の交通機関で利用することができます。またはΑΤΗ.ΕΝΑ Cardカードで払うことができます。カード自体は€ 4.50がかかります。5
きっぷには、色々な種類のものがあり、24時間切符 は€ 4.50、5日間切符は € 9.00、 空港までの切符は€ 10.00です。

お支払い

窓口もしくは各駅に設置の自動販売機で切符を購入できます。
アテネの地下鉄では改札口がないため、一般的な切符コントロールがあります。改札口を通ってホームに入ります。切符は駅をでるまで保管してください。