路線

大阪の地下鉄は8地下鉄線上に位置する各123駅とLRTの自動ラインで構成しています。各駅は、名前を持っているだけでなく、文字や色で分かれており、 M - 御堂筋線(赤) 、 T - 谷町線(紫) 、 Y - 四つ橋線(青) 、 C - 中央線(緑) 、 S - 千日前線(ピンク) 、 K - 堺筋線(茶色) 、 N - 長堀鶴見緑地ライン(ライトグリーン) 、 I - Imazatosujiライン(オレンジ) 、 P - 南港ポートタウン線(青) 。ラインの合計の長さは137.8キロです。営業時間は5:00時から0:00までです。

料金

地下鉄大阪の運賃は、ルートを通過するゾーンの値段によって違っています。、1番目ゾーンは市内中心部から1〜3キロメートルの半径で走っており、最も遠い5番目のゾーンは20〜25キロの距離で走ってています。
1番目のゾーンで1枚のチケットは180円、2番目のゾーンで1枚のチケットは240円、3番目のゾーンで1枚のチケットは280円、4番目のゾーンで1枚のチケットは320円、5番目のゾーンで1枚のチケットは370円です。500〜5,000円まで容量を持つ非接触カードを使う時、コストは少し安くなります。また、大阪の主要な観光スポットに一日と割引のための無制限の走行を可能にする特別な800円の一日エコカードがあります。

お支払い

チケットや地図は、各駅で購入できます。現金やカードで支払うことができます。ターンスタイルチケットを通過する際の穴に挿入し、もう一方の側に切符を取り、最後まで維持することが必要です。目的の駅に到着すると切符を再挿入する必要があります。一回きりチケットであれば、機械の内部に残ります。カードでのお支払いの場合は、タッチパネルでタッチするだけです。